« 証券会社PCサイトでの自動発注(クリック証券に挑戦) | トップページ | Eclipse3.5(Galileo)を使い始めました »

https通信の内容をモニタして解析する(フリーソフトBurpSuiteでキャプチャ)

証券会社のサイトからの気配情報取得や発注処理を作りこむ時、なかなかうまく行かず壁にあたってしまった場合はIEなどのブラウザから実際に発注をしてみて、その通信内容をキャプチャしたいところですが、通信内容がhttpsで暗号化されているため、wiresharkなどのパケットモニタツールでは内容を解析することができません。このような場合はBurpSuiteというツールを使うと便利です。IEなどでこのBurpSuiteをProxyに設定して通信をすると、通信内容のすべてを見ることができます。使い方は以下のとおりです。

(1)BurpSuiteを以下の場所からダウンロードする。
http://portswigger.net/burp/download.HTML

・上記のページで「Free Edition」をダウンロードします。
・jarファイルがダウンロードされます。この記事を書いた時はburpsuite_free_v1.5.jarでした。

(2)ダウンロードしたjarファイルをダブルクリックします。画面がたちあがります。

(3)ブラウザでlocalhostのポート8080をproxyに設定します。
IEの場合はツール→インターネットオプションで接続タブを開きLANの設定ボタンをクリックします。その中の「LANにプロキシサーバーを使用する~」にチェックし、アドレスにlocalhost、ポートに8080を入力します。

(4)証券会社のサイトにアクセスします。するとburpsuiteの画面のproxyタブの文字色が変わるのでこれをクリックします。

(5)リクエスト内容が表示されています。「forward」ボタンをクリックして通信を進めます。ブラウザが通信中でなくなるまで「forward」ボタンをクリックし続けます。

(6)historyタブを開くとそこまでの通信履歴を見ることができます。さらに表から各通信をクリックするとrequestとresponseタブでそれぞれの通信内容を見ることができます。

|

« 証券会社PCサイトでの自動発注(クリック証券に挑戦) | トップページ | Eclipse3.5(Galileo)を使い始めました »

システムトレード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512869/45528840

この記事へのトラックバック一覧です: https通信の内容をモニタして解析する(フリーソフトBurpSuiteでキャプチャ):

» 仕手株なら犯罪者でも小学生でも [仕手株で2億を作った仕手株注目銘柄発掘法]
追伸1あなたは、今何を望んでいるのでしょうか・・・?もし、あなたがこの手紙をここまで読んで「自分の望むものはお金では買えないものだ!」と感じられたのであれば、迷わずにこの手紙を閉じ今までの人生を今まで通り過ごして下さい。そうでなければ、このノウハウはあなたの身を滅ぼすことにもなってしまいます。(私の過去をお読み頂いたのであれば、この意味がお分かり頂けると思います)何故そこまで強くあなたに警告をしな ... [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 12時10分

« 証券会社PCサイトでの自動発注(クリック証券に挑戦) | トップページ | Eclipse3.5(Galileo)を使い始めました »