« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

Eclipse3.5(Galileo)を使い始めました

Eclipse3.5(Galileo)を使い始めました。Eclipse3.5(Galileo)のインストール手順やPleiadesによる日本語化の方法、GUIアプリケーションの開発効率をあげるプラグインVisualEditorのインストール方法をまとめてメインサイトにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

https通信の内容をモニタして解析する(フリーソフトBurpSuiteでキャプチャ)

証券会社のサイトからの気配情報取得や発注処理を作りこむ時、なかなかうまく行かず壁にあたってしまった場合はIEなどのブラウザから実際に発注をしてみて、その通信内容をキャプチャしたいところですが、通信内容がhttpsで暗号化されているため、wiresharkなどのパケットモニタツールでは内容を解析することができません。このような場合はBurpSuiteというツールを使うと便利です。IEなどでこのBurpSuiteをProxyに設定して通信をすると、通信内容のすべてを見ることができます。使い方は以下のとおりです。

(1)BurpSuiteを以下の場所からダウンロードする。
http://portswigger.net/burp/download.HTML

・上記のページで「Free Edition」をダウンロードします。
・jarファイルがダウンロードされます。この記事を書いた時はburpsuite_free_v1.5.jarでした。

(2)ダウンロードしたjarファイルをダブルクリックします。画面がたちあがります。

(3)ブラウザでlocalhostのポート8080をproxyに設定します。
IEの場合はツール→インターネットオプションで接続タブを開きLANの設定ボタンをクリックします。その中の「LANにプロキシサーバーを使用する~」にチェックし、アドレスにlocalhost、ポートに8080を入力します。

(4)証券会社のサイトにアクセスします。するとburpsuiteの画面のproxyタブの文字色が変わるのでこれをクリックします。

(5)リクエスト内容が表示されています。「forward」ボタンをクリックして通信を進めます。ブラウザが通信中でなくなるまで「forward」ボタンをクリックし続けます。

(6)historyタブを開くとそこまでの通信履歴を見ることができます。さらに表から各通信をクリックするとrequestとresponseタブでそれぞれの通信内容を見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »