« GWTのサンプルプログラムをEclipseで参照・編集・実行できるようにする方法 | トップページ | PSPからPSVITAへのセーブデータ移行 »

GWTで作成したWebアプリケーションをtomcat上で動かす方法

GWTで作成したWebアプリケーションをコンパイルしてtomcat上で動かす手順をまとめました。(GWTサンプルプログラムのShowcaseを例にしています)

  1. EclipseでGWTのWebアプリケーションプロジェクトを開いた状態で、ツールバーから Gwtcp [GWT コンパイル・プロジェクト]ボタンをクリックします。
  2. コンパイル画面ではとりあえずデフォルト値で[コンパイル]ボタンをクリックします。コンパイルが終わるとコンソールに"Compilation succeeded"とでます。
  3. Windowsのエクスプローラでtomcatのwebappsフォルダを開いておきます。
  4. Eclipseのパッケージ・エクスプローラーのwarフォルダを前項で開いたwebappsフォルダにCtrlキーを押しながらドラッグ&ドロップします。
  5. コピーした"war"フォルダを"Showcase"にリネームします。
  6. tomcatのサービスを起動して、ieなどのブラウザでサンプルプログラムのページを表示します。ローカルで見る場合は"http://localhost:8080/Showcase/Showcase.html"というようなURLになります。

|

« GWTのサンプルプログラムをEclipseで参照・編集・実行できるようにする方法 | トップページ | PSPからPSVITAへのセーブデータ移行 »

シストレ以外の技術メモなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512869/51047404

この記事へのトラックバック一覧です: GWTで作成したWebアプリケーションをtomcat上で動かす方法:

« GWTのサンプルプログラムをEclipseで参照・編集・実行できるようにする方法 | トップページ | PSPからPSVITAへのセーブデータ移行 »