シストレ以外の技術メモなど

手軽にホームページビルダー17のWordPress連携機能を試すWebサーバーを無料で構築

これまでホームページビルダー12を使ってきましたが、先日、ホームページビルダー17(hpb17)を購入してバージョンアップをしました。
本バージョンからWordPressとの連携ができるようです。ホームページ・ビルダーサービスを利用してサーバーを借りれば手軽にはじめられるようですが月額利用料金がかかりますので、LAMP(CentOS6.3、Apache、MySQL、PHP)+FTPの環境を作ってホームページビルダー17のWordPress連携機能を試してみました。
以下はそのWordPressサーバーの構築メモです。内部LANで使うお試しサーバーなので極力設定変更をしない、最短手順としています。セキュリティに配慮していませんのでご注意ください。

  1. CentOS6.3のインストール
    (1)インストールDVDを入れて起動後、「Install or upgrade an ...」を選択。
    (2)ホスト名入力画面の「ネットワークの設定」ボタンをクリックし、有線タブの「System eth0」を選択して編集ボタンをクリックする。
    →「自動接続する」をチェックする。
    →「IPv4のセッティング」タブで固定IPの設定をしておく。
    (3)「システムクロックでUTCを使用」のチェックははずす。
    (4)インストールの種類を選ぶ画面では「Desktop」を選択する。
    (5)インストール完了後、「ソフトウェア更新」を実行する。
  2. パッケージインストール
    rootで以下を実行。
    yum install httpd php mysql-server php-mysql php-mbstring php-gd vsftpd
  3. vsftpの設定
    rootで以下を実行。
    gedit  /etc/vsftpd/vsftpd.conf
    開いた設定ファイルの以下のように編集
    (1)userlist_enable=NO←YESからNOに変更
    (2)手順1(CentOSインストール)で設定した一般ユーザーを以下のファイルの最終行に追記します。
    /etc/vsftpd/user_list
  4. apacheの設定
    rootで以下を実行。
    gedit /etc/httpd/conf/httpd.conf
    開いた設定ファイルの以下のように編集
    (1)#UserDir disable ← #を追加(コメントアウト)
    (2)UserDir public_html ← 行頭の#を削除(コメント解除)
  5. WEBユーザーディレクトリ作成とホームディレクトリのパーミッション変更
    (1)手順1(CentOSインストール)で設定した一般ユーザーのホームディレクトリにpublic_htmlフォルダを作成する。以下はrobotbrainというユーザーだった場合の例。
    mkdir /home/robotbrain/public_html
    (2)手順1(CentOSインストール)で設定した一般ユーザーのホームディレクトリのパーミッションを変更します。以下はrobotbrainというユーザーだった場合の例。
    chmod +rx /home/robotbrain
  6. ファイアウォールの無効化
    メニューより「システム」→「管理」→「ファイアウォール」と進み、無効ボタンをクリック後、適用ボタンをクリックする。
  7. SELinuxの無効化
    rootで以下を実行。
    gedit /etc/sysconfig/selinux
    開いた設定ファイルの以下のように編集
    SELINUX=disabled ← disabledに変更する。
  8. サービスの有効化
    「システム」→「管理」→「サービス」と進み、以下サービスを選択して有効ボタンをクリックする。
    mysqld
    httpd
    vsftpd
  9. ここでいったんOS再起動
  10. MySQLの設定
    手順1(CentOSインストール)で設定した一般ユーザーで以下を実行
    (1)mysql -u root -p
    (2)パスワード問い合わせに対しリターンキー押下
    (3)create database <DB名>;
    (4)grant all on <DB名>.* to <DBユーザー名>@localhost identified by ‘<DBパスワード>’;
    (5)exit
  11. ホームページビルダー17でWordPressサイトの公開をする時、「その他のプロバイダを使用する」を選択する。
  12. 公開先情報の設定画面で以下のように設定する。以下の項目以外はデフォルト。
    (1)プロバイダの選択:その他
    (2)FTPサーバー名:手順1の(2)で設定したIPアドレス
    (3)FTPアカウント名:手順1で設定した一般ユーザー名
    (4)FTPパスワード::手順1で設定した一般ユーザーパスワード
    (5)参照ボタンをクリックしてpublic_htmlフォルダを選択する。
    (6)WordPress設定名:任意の名前
    (7)データベース名:手順10で設定したDB名
    (8)データベースのホスト名:localhost
    (9)ユーザー名:手順10で設定したDBユーザー名
    (10)パスワード:手順10で設定したDBパスワード
    (11)サイトのURL:以下のように指定
    http://<上記(2)のIPアドレス>/~<上記(3)のアカウント名>/
    (12)「完了」ボタンクリック   

以上の方法でWordPressのサーバーを無料で構築できます。
WordPressを使ってみましたが便利な機能ですね。ですが、どこかセキュリティホールがないのか?と疑ってしまうのは私だけでしょうか・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSVITAのバイリニアフィルタリング設定画面

PSPのゲーム(今回はモンハン2ndG)をPSVITAでダウンロードして遊ぶ時に

・バイリニアフィルタリング

・右スティック

・カメラ

・カラースペース(PSP)

という設定をする画面が出せます。

これは画面をタップし続ける(画面に指をおいてしばらく待つ)と表示されるようです。

意識して操作しないと戦闘中に設定画面でてしまいます・・

バイリニアフィルタリングをすると画面のカクカクがなめらかになりいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSPからPSVITAへのセーブデータ移行

PSPで使っていたモンハン2ndGはPSVITAでPlayStationSTOREからダウンロードして使えました。また、セーブデータの移行も行えました。移行方法は以下のとおりです。

(1)PSVITAでモンハン2ndGをダウンロードする。

(2)PSVITAで「NEW GAME」でゲームを開始して、いったんセーブする。

(3)PCでPSVITAのコンテンツ管理アシスタント(PC用ソフト)をダウンロードし

  セットアップする。「PSVITA コンテンツ管理アシスタント」でググるとでてきます。

(4)PCとPSVITAをUSB接続し、PSVITA側のコンテンツ管理でPSVITAのセーブデータ

  をPCにコピーする。

(5)PC側でマイドキュメント→PS Vita→PSAVEDATAとたどって、さらに下層に

  進むとPSVITAからコピーされたセーブデータがあるので、これをPSPの

  セーブデータで上書きする。

(6)PSVITA側でコンテンツ管理を使いPCのセーブデータをPSVITAにコピーする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

GWTで作成したWebアプリケーションをtomcat上で動かす方法

GWTで作成したWebアプリケーションをコンパイルしてtomcat上で動かす手順をまとめました。(GWTサンプルプログラムのShowcaseを例にしています)

  1. EclipseでGWTのWebアプリケーションプロジェクトを開いた状態で、ツールバーから Gwtcp [GWT コンパイル・プロジェクト]ボタンをクリックします。
  2. コンパイル画面ではとりあえずデフォルト値で[コンパイル]ボタンをクリックします。コンパイルが終わるとコンソールに"Compilation succeeded"とでます。
  3. Windowsのエクスプローラでtomcatのwebappsフォルダを開いておきます。
  4. Eclipseのパッケージ・エクスプローラーのwarフォルダを前項で開いたwebappsフォルダにCtrlキーを押しながらドラッグ&ドロップします。
  5. コピーした"war"フォルダを"Showcase"にリネームします。
  6. tomcatのサービスを起動して、ieなどのブラウザでサンプルプログラムのページを表示します。ローカルで見る場合は"http://localhost:8080/Showcase/Showcase.html"というようなURLになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWTのサンプルプログラムをEclipseで参照・編集・実行できるようにする方法

GWT(GoogleWebToolkit)のサンプルプログラムをEclipseのプロジェクトに取り込んで、サンプルソースの参照・編集や実行をできるようにする手順をまとめました。

まず開発環境の整備

1.Eclipseのインストールと日本語化の手順はこちら

※インストール先はC:\直下などに入れたほうがいいです。マイドキュメントの下などに入れるとGWTプラグインのパスが長くなってしまい、フォルダの移動や削除時に「ファイル名または拡張子が長すぎます」というエラーがでてしまいます。

2.GWTプラグインは以下の手順でインストール

  • Googleのトップページから[もっと見る]→[さらにもっと]→[Code]→[Google Web Toolkit]とたどり[ダウンロード Google Web Toolkit]ボタンをクリックする。
  • [Download Plugin & SDKs]をクリックするとEclipseのバージョン別にUpdateSiteのURLが記載されているのでこれを控える。(たとえばEclipse3.6の場合はhttp://dl.google.com/eclipse/plugin/3.6)
  • Eclipseを起動し、メニューから[ヘルプ]→[新規ソフトウェアのインストール...]→とたどり前項で控えたUpdateSiteのURLを作業対象のところに入力してEnterキーを押します。
  • 画面に[プラグイン]と[SDK]というチェックボックスが表示されるので、両方ともチェックして[次へ]ボタンをクリックします。
  • さらに[次へ]ボタンをクリックしていき、[使用条件の条項に同意します]を選択し[完了]ボタンをクリックします。
  • 署名なしコンテンツのインストール確認については[OK]を選択。
  • 最後にEclipseを再起動するか問い合わせがありますので再起動します。

次にサンプルのダウンロード

  • Googleのトップページから[もっと見る]→[さらにもっと]→[Code]→[Google Web Toolkit]とたどり[ダウンロード Google Web Toolkit]ボタンをクリックする。
  • [Download GWT SDK]をクリックしてアーカイブをダウンロードする。

プロジェクトの作成とサンプルの取り込み(サンプルShowcaseの例)

  • ツールバーからGwtnew [新規Webアプリケーション・プロジェクト]ボタンをクリックする。※Windowsセキュリティの確認ダイアログがでたら[ブロックを解除する]を選択。
  • プロジェクト名に"Showcase"、パッケージに"com.google.gwt.sample.showcase"を入力する。
  • [Google Webツールキットを使用]のところにある、[指定したSDKを使用]のコンボボックスからSDKを選択。
  • [Google Appエンジンを使用する]のチェックをはずす。※ローカルでテストするため。
  • [Generate GWT project sample code]のチェックをはずす。
  • [完了]ボタンをクリックする。
  • Eclipseから[ウィンドウ]→[ビューの表示]→[ナビゲーター]とたどりナビゲータを表示する。
  • さきほどダウンロードしたGWT SDKのアーカイブを展開し、その中の"samples/Showcase"の下の"src"と"war"フォルダを、Eclipseのナビゲータ上の"Showcase"プロジェクトのところ(ツリーの最上層)にドラッグ&ドロップします。
  • コピーの問い合わせについては[Copy files and folders]を選択。
  • 上書き確認は[すべてはい]を選択。
  • コピーが終わったらEclipseで[ウィンドウ]→[設定]とたどり、ツリーから[一般]→[ワークスペース]を選択する。この中のテキストファイルのエンコードを"UTF-8"に設定する。
  • Eclipseのパッケージ・エクスプローラからソースを参照できれば成功。エントリポイントの"com.google.gwt.sample.showcase.client.Showcase.java"などを見てみる。
  • 実行する場合はパッケージ・エクスプローラで"Showcase"プロジェクトのところ(ツリーの最上層)で右クリックし[実行]→[Webアプリケーション]と進む。[Development Mode]タブのところにURLが表示されるのでこれをダブルクリックすると、ブラウザでWebアプリケーションを使うことができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eclipse3.6(Helios)用のVisualEditor1.5.0リリース

Eclipse3.6(Helios)用のVisualEditor1.5.0がようやくリリースされました。(^ ^)

http://www.eclipse.org/vep/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告書等作成コーナーで先物取引明細を自動入力するソフト「TaxBot」を公開しました。

日経225先物取引の確定申告を国税庁の確定申告書等作成コーナーを使って行う場合、全取引の明細を「先物取引に係る雑所得等」というページで入力しなければなりません。これを手入力で行うと大変な手間がかかりますが(特にデイトレーダーの場合)、本日公開した「TaxBot」を使えば取引履歴のCSVを読み込んで自動入力することができます。メインサイトで公開していますので、よろしければどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eclipse3.5(Galileo)を使い始めました

Eclipse3.5(Galileo)を使い始めました。Eclipse3.5(Galileo)のインストール手順やPleiadesによる日本語化の方法、GUIアプリケーションの開発効率をあげるプラグインVisualEditorのインストール方法をまとめてメインサイトにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末は引越しです~YahooBBの解約で失敗~

週末は引越しのため2/27(金)夜から週末にかけてメインサイトにアクセスができなくなります。あらかじめご了承ください。(FXロボットは先日からすでに止めています)

さて、私は今までYahooBBを使っていましたが、引越しなどでYahooBBの解約を予定されている方はなるべく早くお電話することをおすすめします。私は電話1本で解約が済むものと思っていたのでぎりぎりまで電話をしなかったのですが、実際には解約手続書がYahooBBから送られてきて(電話をしてから4日後に到着)、これに署名などをして返送しそれがYahooBBに到着した月が解約月になるようです。わたしは今日(2/27)この解約手続書をポストに入れますので微妙なところですが、おそらく来月分の料金も発生してしまうと思われます。4000円程度ですが、すごく損をした気分になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年分日経225mini先物取引の確定申告をe-Taxで送信しました

平成20年分の確定申告ですが、先週の内にe-Taxで送信しました。どうやら1/19から送信可能だったようですね。もう少し早くやっていればよかったです。

さて、e-Taxは去年から使い始めましたが、最初は ICカードリーダー を買ったり、いろいろなソフトやルート証明書などのセキュリティ系のセットアップなどがあってかなり面倒でした。2年目以降は楽できるのかなと思いましたが、各種ソフトのほぼすべてがバージョンアップされており、またセットアップのやり直しとなりました。初回ほどではありませんがやはり面倒です。

毎年このような調子になりそうですが、それでもe-Taxには大きなメリットがあります。先物取引の場合、その取引明細を1件ずつ(日単位ではなく新規→返済の1件ずつです)、すべて提出しなければならず、私の場合、今年は700トレードを超えていましたのでこれを紙で出力するとA4用紙200毎以上となります。これはかなり紙とインクの無駄になりますね。e-Taxではこの部分を節約できて、かつ税務署で行列しなくてよいというメリットがあります。

これらのデータは国税庁の確定申告書等作成コーナーで入力しますが、700件のデータを手入力する根気はとてもないので、先物取引明細のCSVをインプットにしてブラウザに自動入力するツールを作って対応しました(これはさすがにJavaでなくC++のWindows専用アプリですが)。ツール自体は去年の確定申告の時に作成済みで、今年の平成20年分ではお小遣い稼ぎのためシェアウェアとして公開しようかと思っていましたが、シグナルボックスエディタなどのフリーソフトで手一杯でまったく準備ができませんでした。ニーズはあると思いますので来年こそは実現したいと思います。

→ 先物明細自動入力ソフトTaxBotについて

私が使っているICカードリーダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)